みーこのお気に入りたち☆東方神起館☆

みーこのお気に入りたちの別館です☆ユノ大好き!東方神起を全力で応援しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースいろいろ

たくさんニュース記事が上っているのでいくつかピックアップしました☆



ユノ・ユンホ-チェガン・チャンミン、'キレのあるダンス'

10082401

去る21日午後ソウル、蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で開かれたSMTOWN LIVE'10 WORLD TOUR in SEOUL(SMタウン ライブ'10ワールドツアーイン ソウル)でユノ・ユンホとチェガン・チャンミンが節度あるダンスをリリースしている。

午後4時から1,2部にかけて長々6時間の間繰り広げられた今回の公演は強打、ボア(BOA),ユノ・ユンホ、チェガン・チャンミン、スーパージュニア(イトゥク、ヒチョル、ハンギョン、誉声、強靭、神童、ソンミン、ウニョク、東海(日本海)、始原、リョウク、キボム、キュヒョン),少女時代(ユナ、水泳、ヒョヨン、有利、燃やす? ジェシカ、ティファニー、切ると、ソヒョン),シャイとか(SHINee/オニュ、ジョンヒョン、Key、民戸、テミン),エフ エックス(f(x)/ビクトリア、クリスタル、エムボ、ソルリ、ルナ),トゥレクス(TRAX/ジェイ、キム・ジョンモ)等SM所属アーティストらが総出動、超豪華スター軍団がプレゼントした約80曲の多彩な舞台は真夏蒸し暑さをすがすがしく飛ばす幻想的な公演になった。

特に、SMTOWN LIVE(SMタウン ライブ)は2008年ソウル、上海、バンコクなどアジアを熱い雰囲気にしてアジア最高のコンサート ブランドで位置づけたのに続き今年はLA,上海、およびアジア主要都市を巡回するワールドツアーに繰り広げられて、アジアを越えて世界に進む大規模音楽祭りとして韓国はもちろん全世界音楽ファンたちの爆発的な反応を得ると期待される。

また、今回の公演はアーティスト別ヒット曲舞台はもちろん今までリリースしなかった収録曲舞台、最初公開される新曲舞台、SMTOWN LIVE'10だけで会えるアーティストらの異色合同舞台まで派手な見どころと多様な順序で構成、観客らとの目と耳をひきつけるので(に)充分だった。

一緒に友人、恋人はもちろん家族皆が共に楽しむ音楽祭りで企画されただけ、バラエティー一つの舞台構成はもちろん家族単位の観客を配慮したハッピーファミリー席も用意、家族どうし公演を観覧してポラロイド写真撮影、贈り物贈呈などのイベントも楽しむことができた。

一方、ソウル公演の後に続くSMTOWN LIVE'10 WORLD TOUR in LAは来る9月4日、米国の超大型公演会場のLAステイプルス センターで開催される。




ユノ・ユンホ-チェガン・チャンミン、初めてリリースする新曲'マキシマム(Maximum)'舞台

10082402



‘SMタウン ライブ-10ワールドツアー’ユノ・ユンホ

10082403

SMエンターテイメントは我が国アイドル グループの礎を作った大型マネージメント社だ。 うまく行くアイドル グループを一ヶ所に集めて見せることができる条件と底力を持っている。

2008年SMタウン ライブというブランドはそのように作られた。 アイドルを一度に集めて多様なレパートリーをリリースする、あたかも総合ギフトセットのような公演をリリースするためだ。

21日午後4時からソウル オリンピック主競技場で繰り広げられた‘SMタウン ライブ-10ワールドツアー’はものすごい規模を自慢した大型総合ギフトセット同じだった。 猛暑よりさらに熱い開くが舞台と客席の上で吹き出てきた。

国民コルグループと指折り数えられる‘少女時代’からボア、‘スーパージュニア’、強打などSMを代表する所属歌手50人余りが長々6時間の間78曲をリリースした。

国内外活動を中断したグループ‘東方神起’のユノ・ユンホとチェガン・チャンミン、グループ‘シャイとか’、f(x),‘天上ジヒさらにグレース’、‘ティンティッパイブ’、ロックバンド‘トゥレクス’、追加列、松光(ソングァン)式、掌理の、スーパージュニア-Mの調味、第二民などが共にした。 タレント キム・ミンジョン、アラ、演技などSM所属演技者らの風変わりな舞台もリリースした。

3万5000人余りのファンたちは自分たちが好む歌手だけでなく舞台に上がったすべての歌手らに惜しまない歓呼洗礼と拍手喝采を送った。

初めての舞台は日本で活動する第二民だった。 英語・日本語に上手でロックとジャズ、スタンダード、ポップなど多様な音楽ジャンルを行き来する彼女は‘シャイン’と‘泣いてもかまいませんか’を呼んだ。

引き続き2年の間空白期を持った‘天上ジヒさらにグレース’が出てきた。 ‘情熱’と‘もう一度、OK’を呼んでその間見ることができなくて惜しんだファンたちをくれといった。

SM所属中一番年長者のギター歌手追加列は直接アコースティックギターを打って自身のヒット曲‘幸せです’を聞かせた。 SM同じでない風変わりな舞台であった。 スーパージュニアのソンミンと共にポップソング‘ジャストどういう子供ニード ユーモストゥ’を呼んでファンたちの歓声をかもし出すこともした。

網膜色素変成症(証)という(のは)希少病を病んでいるティンティンパイブのイ・ドンウは自身の娘のための歌‘知遇の夢’を呼んでファンたちの大きい拍手喝采を受けた。 引き続きティンティンパイブの五メンバーが全部舞台で登場して‘青春’を聞かせた。

次はSMの浮び上がるf(x)舞台であった。 足を怪我したメンバーエムボが陥ったが、‘ラチャタ’、‘チュ~〓’等ヒット曲を特有の可愛らしいダンスとともにリリースした。

特に、二つの歌の間に姉妹紙間の少女時代のジェシカとf(x)のクリスタルがポップスターケシャの‘チック パッと’を共に呼んで目を引いた。 バービー人形に似た二人の姉妹は容貌だけでなく歌唱力対決を行って幻想的な舞台を広げた。

引き続き掌理の、強打、キム・ミンジョンなどソロ歌手らの舞台が繰り広げられて息を継ぐ隙間が作られた。 強打とアラ、シャイニのテミンとイ・ヨニが各々‘7989’と‘スローモーション’でデュエット舞台をプレゼントすることもした。

次はシャイニのヒット曲パレードであった。 ‘姉はとても美しくて’、‘ジュリエット’等を活気に満ちる振りつけとともに聞かせた。 トラック付く‘胸が冷たい男’等を呼んだ。 トラック付くスーパージュニアのヒチョル、リョウクと共にアイビーの‘誘惑のソナタ’をロックスター日で聞かせることもした。

シャイニのジョンヒョンとスーパージュニアの誉声はプルライトゥドスカイの‘市(詩)オブ ラブ’、スーパージュニアのウニョク・神童とシャイニの民戸・キーは‘A-Yo’を聞かせて風変わりな舞台をリリースした。 特に、スーパージュニアのキュヒョンと少女時代のソヒョンはアニメーション‘五歳庵(オセアム)’ OSTの‘誠意をつくして呼べば’を呼んでお互いの手を握って終えてファンたちの猜忌心幼い歓呼を引き出すこともした。

いよいよ日が薄暗くなる頃少女時代が登場した。 ‘ラン デービーをラン’と‘同化(動画、童話)’、‘キシン ユー’ヒット曲パレードを広げた。 ファンたちの歓声はより一層大きくなったし本格的に照明がふいて出てき始めながら公演会場はより一層熱狂のルツボに変わっていった。 スーパージュニアがそのバトンを受け継いで‘美人’、‘ミラクル’等を呼んでファンたちを歓呼雀躍するようにさせた。

この日の主人公は8月25日でデビュー10周年をむかえるボアであった。 正規4集タイトル曲‘マイ ネーム’で火ぶたを切ったボアは幻想的なパフォーマンスをリリースした。 ボアは自身のファンクラブ‘ジャンピング ボア’ 1期出身のシャイニのキーとともに米国正規1集‘子供ティドゥ イッ フォーラブ(I did it for love)’を呼んだ。

SM所属すべての歌手らが出てきてみて10周年を祝うパーティーを行うこともした。 特に、シャイとかメンバー民戸はボアにケーキ洗礼を降り注いだ。

ボアはメーキャップするのに時間が長くかかったとししばらく不満を言ったが同僚と先後輩らの祝いを喜んで笑いに受け入れた。 ボアとSM歌手らはボア正規2集タイトル曲であり彼女の最高ヒット曲の‘No.1’を共に呼んで感動的な舞台をプレゼントすることもした。 だが、これらすべてのものはせいぜい1部の内容に過ぎなかった。

10分程度のインターミッションを持った後スーパージュニアと少女時代など各チームは交替して各自のヒット曲を聞かせた。 ファンたちはすべての歌を付いて歌って瞬間毎を満喫した。

特に、スーパージュニアのウニョク・東海(日本海)・神童、シャイニのキー・テミン、少女時代のヒョヨン・ユナ・有利・水泳、f(x)のルナ・水泳などは全部一つの舞台に上がってダンス パフォーマンスをリリースすることもした。

いよいよミッキ・ユチョン・シア・ジュンス・ヨンウン・ジェジュンなどメンバー3人とSMの専属契約紛争で国内外活動を中断した東方神起のユノ・ユンホとチェガン・チャンミンが舞台に上がった。

これらは今回の行事のために準備した新曲‘マキシマム’と‘ミロティク’等既存ヒット曲をメドレーや聞かせてファンたちから‘東方神起’の連呼があふれ出るようにさせた。


引き続き少女時代が‘紙(Gee)’を呼ぶなど各チームの自分たちのヒット曲をかわるがわる聞かせた。 以後SMアイドル グループ援助の‘H.O.T’の‘光’を呼んでこの日公演の大長征を終えた。

公演は全体的に整っていて派手だったが、玉の瑕も眼に触れた。 特に30度を上回る猛暑により電力供給に問題が醸し出しながら公演序盤にLED映像が消えて公演が数回中断されることもした。 これに伴い、当初午後10時まで進行される予定だった公演が11時頃にもなって終えられた。

ワールドツアーで企画されたこの日公演はこの日ソウルを出発、9月4日米国、ロサンゼルス ステイプルスセント、9月11日中国、上海ホン大きくて右体育館につながる。 2011年1月日本、東京などアジア主要都市でツアーを継続する予定だ。



やっぱり来年の1月に東京公演なんですか!?

そうなんですか!?

きゃっほーーーーーい♪

チケット当たりますように・・・



ランキングに参加中♪
SMT東京公演楽しみだぁーーー☆
そんなあなたはポチっとしてね^^

FC2Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

Comment

みーこ says... "Re: マジですか?!"
よっちゃんヽ(*´∀`*)ノ

そうみたいだよ!!!
SMTOWN東京公演あるみたいーーー♪
マンモスうれぴーーーー+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+←

行くよ!絶対行くよ!!!
いくよくるよだよ!!!!!←

> 姉さん、テンプレ替えたんだね。これむっちゃいい~!
> 何かすっごくカッコイイ~!

ほんと!?
マンモスうれぴーーー♪←しつこいw

ホミン、ほんっとにかっこよかったし
チャンミンが衰えるどころかパワーアップして帰って来てくれたのが
本当に嬉しかったよぉ~(。´Д⊂) ウワァァァン!!

チョンジェスも素晴らしいしホミンも素晴らしいし、
新規トンペンの友達も
「もったいない。あーもったいない。。。。」
ってずっと言ってるよ。(笑)

はやく東方神起復活してくれないかなぁ~(´・ω・`)

2010.08.24 23:43 | URL | #- [edit]
よっちゃん says... "マジですか?!"
来年1月、東京公演決まりですか?!
うれぴーーーーーe-266←はい、死語ね。
1月だと仕事が暇で自由が効くから私にとっては好都合ーーーーーe-266e-266
行こうね!姉さん絶対行こうね!
当たるから!私たちチケット当たるから!当たるにきまってる!!!
はぁ~楽しみだぁ~(*´∀`*)

姉さん、テンプレ替えたんだね。これむっちゃいい~!
何かすっごくカッコイイ~!
SMTのホミン素敵だったね。
姉さんが「でも悲しくなる」(←合ってるかな?)って思う気持ち、私もすごく分かる。

これからこの状態が何年も続いても、3人と2人の構図には慣れたくないね・・・。

こんな時でも新しくトンペンになろうとしてるチングさんもいるし(爆)
これからも東方神起の素晴らしさを伝えるべく、頑張って行きましょうe-281
2010.08.24 22:00 | URL | #V6iQZ20Q [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miikorintvxq.blog29.fc2.com/tb.php/224-d936cec8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。