みーこのお気に入りたち☆東方神起館☆

みーこのお気に入りたちの別館です☆ユノ大好き!東方神起を全力で応援しています♪

ニュースいろいろ(10/5~10/7)

ニュースいろいろです~。


東方神起ユンホ、接着剤入りジュース飲料事件について語る

掲載日時: 2012-10-05 07:31

12101501

東方神起のユンホが、2006年に発生した「接着剤入りジュース飲料事件」について語った。

東方神起は最近行われたKBS2『Do Dream』の収録に参加し、この中でユンホは、ファンを装った女性から渡された接着剤入りのジュースを飲んだことについて語った。

事件は、2006年10月14日午後10時ごろ、KBS2のバラエティ番組『女傑シックス』の収録中に発生した。ファンを装った女性から、ユンホは瓶タイプのオレンジジュースを渡されたが、それには接着剤が混入されており、一口だけだが飲んでしまったユンホは病院へ急送され入院、収録も中断する事態となった。

ユンホは、「スタッフだと思った人から渡されたオレンジジュースを何気なしに飲んだ」と当時を振り返った。

一方、最初は事件について腹が立ったしながらも、「アンチから『自分は大変なのに笑って騒いでいるのを見るのが嫌だった』と言われ、自分では傷つけているつもりがなくても、迷惑をかけてしまうことがあるのだと気づいた」と語った。

さらに、ユンホは事件後、人を避けるようになったり、事件の発生場所と似た場所、似たものを見ると鼓動が高まるなどの拒否反応が出た経験を明かした。また、そんな状況を、オレンジジュースを10本購入してみたり、ジュースを飲むときはあえてオレンジジュースを選ぶなどして克服したと明かした。

一方、東方神起が出演する『Do Dream』では、ユンホとチャンミンら出演者がリレー形式で特別講義を展開。ユンホは「夢はあなたを捨てない」という講義を行う。韓国で6日夜10時25分放送。


(元記事→Kpopstarz


ユノがパニック障害みたいなのになってたこととか
それを克服するためにオレンジジュースをたくさん飲んでたとか
知りませんでした。。。。。

ものすごくショックな出来事だったんでしょうね。。。。。



東方神起、爽やかな笑顔で『人気歌謡』の事前収録応援をファンに感謝

掲載日時: 2012-10-05 06:03

12101502

東方神起が、3日に行ったSBS『人気歌謡』の事前収録に応援に駆け付けてくれたファンに感謝のメッセージを送った。

東方神起は5日、公式サイトを通じて1枚の写真と共に感謝のメッセージを公開した。

ユンホは、「昨日、『人気歌謡』の初放送の事前収録にたくさん来てくれて、最後まで一緒に応援してくださって大きな力になりました~^^*遅くまで応援してくれた方々に、終わりに感謝の心を話したかったですが、余裕がなくて挨拶をできずに送ってしまって、そえれが気になって文章を書くようになりました。これから始まりなので、終わりまで一緒に素敵に作りましょう!^^ありがとう!!」とコメントした。

また、チャンミンは「昨日はとても遅くまで待ってくださって応援してくださり、本当にありがとう~。終った時にありがたいと、よく帰ってくださいと言えなくて申し訳ありません・・・。」と言い、「無事に帰りましたか???^_^これから始まりですね。僕達は本当に熱心にしますので、応援お願いします!」とコメントした。

『人気歌謡』の事前収録に参加したファンの情報などによると、3日に行われた収録はスケジュールが伸びて、東方神起がパフォーマンスした曲の内、「I don't Know」の収録は日付が変わった4日の深夜から行われたと言う。

3日に事前収録された『人気歌謡』は、韓国で7日(日)午後3時40分から放送される。

一方、東方神起はきょう5日、KBS2の『ミュージックバンク』(午後6時10分~)でカムバックステージを披露する。


(元記事→Kpopstarz




東方神起 チャンミン「祖母が亡くなった直後もステージに上がっていた」

2012年10月05日14時59分

12101503

東方神起のチャンミンが、祖母が亡くなった事実を公開した。

チャンミンは、最近行われたKBS 2TV「トークショー!Do Dream」の収録で、「祖母が亡くなった直後もステージに上がった」と打ち明けた。

この日の収録でチャンミンは、「初めて打ち明ける話だ。今年祖母が亡くなった」と話を切り出した。彼は、「祖母が亡くなった当時、僕は日本で公演を行っていた。韓国で葬儀を終えた後、すぐ日本へ帰ったが、身体のコンディションが回復できなくて『本当に無理かも』と思った」と正直に語った。

続いて「でも、それは自分の都合であるだけで、公演を見に来てくださった観客に意味を持たないといけないと思いながら 普段よりもっと頑張った」と付け加えた。

チャンミンが出演した「トークショー!Do Dream」は、韓国で6日夜10時25分に放送される予定である。


(元記事→Kstyle




チャンミンやっぱりこの時は悲しみのどん底だったんだね。。。。。

なのにそんなこと全く感じさせない素晴らしいステージだったよ!!

すごいなチャンミン。。。プロだね!!




SHINee ミンホ、アルバム2枚持って“先輩”東方神起の応援認証ショット

掲載日時: 2012-10-05 23:59

12101505

SHINeeのミンホが5日、同日カムバックステージを行った東方神起のユンホとチャンミンと共に撮影した応援認証ショットを公開した。

ミンホは5日午後、SHINeeのme2dayに「僕たちの兄さん達、ファイティン!『Catch Me』大ヒット!」とコメントして、ユンホとチャンミンと共に写った写真を公開した。

ミンホは、赤と黒のジャケットの東方神起のニューアルバム『Catch Me』を両手に持ち、この日のステージで着用したピンクの衣装を着た東方神起の2人に挟まれてポーズを取っている。

一方、東方神起はこの日、KBS2『ミュージックバンク』で、「I Don't Know」「Catch Me」の2曲を披露。初登場早々に1位候補に上がるなど、人気の高さを見せた。


(元記事→Kpopstarz





東方神起、カムバックステージ後の写真公開

掲載日時: 2012-10-06 00:24

12101504

KBS2『ミュージックバンク』でカムバックステージを披露した東方神起のステージ終了後の写真が公開された。

『ミュージックバンク』は番組終了後、公式ツイッターで「今日ミュージックバンクでカムバックするやいなや、1位候補に上がった東方神起!素晴しかった~!!」とコメントし、ステージ後のユンホとチャンミンの写真を公開した。

東方神起はこの日、同番組で、「I Don't Know」「Catch Me」の2曲を披露。共に東方神起らしい動きの激しいダンスで観客を魅了した。


(元記事→Kpopstarz



Vol.1 ― 力を抜いた東方神起「小学生の心も掴みたいです」

2012年10月06日16時46分

12101511

東方神起が語るここ10年、そして6枚目のフルアルバム

いつの間にか20代中後半に入った二人は「咆哮する男の姿を表したかった」と話した。アルバム表紙に写った自分たちの姿に、警備犬として有名なドーベルマンをホログラム処理したのも、そういう意味を盛り込みたかったからだ。二人のもう一つの姿であり、人間の内面を形状化したのだ。

東方神起は、2000年代デビューしたアイドルグループの中で最も長く活動している。5人から2人になったが、彼らはSMエンターテインメント特有のパフォーマンスと言える“SMP”を、明確な自分たちならではのカラーで披露し、人々に愛されている。しかし、今回も限りなく強烈な“SMP”を期待していたなら、少しがっかりすることになるかもしれない。1年8ヶ月ぶりにリリースした6枚目のアルバム「Catch Me」は、虚を突いているからだ

「実は、1年8ヶ月もかかるとは思いませんでした。海外の公演をやっていたら時間が結構経ってしまったようです。もちろん前回リリースした『Keep Your Head Down』も良かったですが、僕達だけのリーグにしたくはなかったです。人々にもっと近づきたかったので。SMPという兵器は保ちながらも、大衆的にメロディーを易しくしようとしました。ダブステップメロディーを加えて、新しいチャレンジもしてみました」(ユンホ)

「東方神起のことをよく知らない小学生を狙ってみようと思います」

実は、5人の東方神起が歌った「Rising Sun」「呪文-MIROTIC-」などは、それは“強い”曲だった。昨年2人組に再編してリリースした「Why(Keep Your Head Down)」も同様だった。「デビュー曲の『HUG』が一番大衆性の高い曲だった」と認めた東方神起は「10年前、『HUG』を初めて聞いた小学生たちが今は皆20代になった。大衆文化は10年周期を持っているというが、僕達も幼い子たちにアピールすれば歌手が持つべき生命力が豊かになるのでは、と思った」と打ち明けた。

「『Keep Your Head Down』は久しぶりのアルバムだったので、非常に気合が入っていました。最も得意な部分でもありましたし。今は色んなジャンルをカバーするのが僕達の目標です。明るい曲で新しく挑戦した不ジャンルも多いです。でも、気楽過ぎないようにしました。ありきたりになりますからね。折衝点を見つけました」(ユンホ)

「『Keep Your Head Down』では、二人でのステージが初めてだったので慣れない部分が多かったです。日本全国ツアーをしながらも、2時間半~3時間を二人で埋め尽くすことができるか心配も多かったです。ノウハウがなかったわけですから。いざ(日本全国ツアーを)やってからは、成果と言えるのはある程度計算できるようになったところです。最大の収穫は、二人でも十分長時間のステージを率いることができるという自信を得たことです」(チャンミン)

デビュー10年…「歴史あるチームと認められたい」

山川も変わるという10年だ。韓国と日本を行き来しながら活動した東方神起は、2013年デビュー10周年を迎える。ユンホは所属事務所のSMエンターテインメントが持続して強調する、“ボーイズグループの至尊”というタイトルに恥ずかしがりながらも「歴史があるのは事実だ。認められたいとは思わないが、僕達が僕達の記録を変え続けてきたと思う」と話した。

「自分との戦いで、自分の記録を塗り替えるのが重要だと思います。最後の日本ドームコンサートも、約30万人から55万人に観客動員記録を更新しました。準備に苦労はしましたが、頑張った分多くの方に来て頂いたので、感謝する限りです。最近『応答せよ1997』が人気ですが、そのように僕達も『東方神起は歴史のあるチーム』と思われたいです」(ユンホ)

デビュー10周年を迎えるだけに、特別な公演やイベントも準備しているはずだ。「まだ具体化されたものはないが、色々考えている」と話したユンホは「どのような形になるかはわからないが、10周年に合わせてファンたちと思い出を回想する場を設けたい」と伝えた。とりあえずアルバムをリリースしたので、バラエティー番組にも積極的に出演する予定だ「海外で活発に活動しているが、根底にあるものを忘れてはならない」というのが東方神起のモットーだ。

PSYの記録に挑戦する!「噂の公演にしたいです」

これから“第2幕”を準備している東方神起には、もう一つの目標もできた。「PSY先輩の『江南スタイル』ブームを見て、新しい勇気と希望を得た」と話した東方神起は「これをきっかけに皆一緒に盛り上げていけば、良い記録を出せそうだ。単発性のもので終わるのではなく、真心を込めてアプローチしていきたい。バブルにならないようにしたい」と告白した。

「これまで立てなかったステージに立ってみたいです。例えば、日本全国ツアーの規模を拡大してドームツアーをするとか、“最初”の記録を立てたいです。SMタウンコンサートを開いたアメリカニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで単独コンサートも開きたいです。『それくらい成長できたらどんなに嬉しいだろう』と考えたりします」(チャンミン)

「11月17日と18日、ソウル公演を皮切りにワールドツアーを初めます。これまでアジアツアーはしましたが、ワールドツアーは初めてです。正直言って、ツアーよりは韓国で単独コンサートをしてからおよそ4年ぶりなんで、本当にステージに立ちたい気持ちでした。東方神起を思い浮かべた時『公演面白いんだって』と、『彼らの公演は絶対観なければならない』と噂になって欲しいです」(ユンホ)

「もう真面目な姿は少し捨てて、時にはふしだらに、時にはずうずうしく、余裕のある姿をお見せしたい」という東方神起。間もなくMBC「黄金漁場-ラジオスター」でMCを務めるSUPER JUNIOR キュヒョンの暴露に慌てふためく“ギュライン”チャンミンの姿が見られるかもしれない。


(元記事→Kstyle




Vol.2 ― 東方神起、後輩アイドルを眺める姿勢「重要なのは個性」

2012年10月06日17時19分

12101512

「ステージでは我々が最高…死ぬ気で臨む」

多くの人々が東方神起に問う。地道に活動する理由は何かと。そして毎回トップの座を守る秘訣は何かと。この質問に東方神起は、謙虚ながらも自信を持って答える。

「ステージに上がった瞬間だけは、どうなっても我々が最高だと確信している。傲慢なようで頑張ろうと努力する」

もちろん、骨の髄まで染み付いた傲慢さでは、歌謡界で生き残れない。東方神起もこの点を良く知っている。チャンミンは「できるだけ改善された姿、より良い姿を見せるためにたくさん努力する」としながら「地道に見守ってくださった方々は、お分かりだと思うが、少なくとも東方神起のステージには、誰にも劣らない我々ならではの色とパフォーマンス、そして魅力がある」と自信を見せる。

「他の方々も命がけで頑張りますが、我々は命をかけて踊るダンスが特に多かったです。パフォーマンスも強いですし。ステージに上がった時だけは、死ぬ気でやります。そのせいか、多くの方々から好評を受けていると思います。いつからか一般男性の方々も認めてくださるようになりました。我々がMBC『黄金漁場-ラジオスター』に出演したとき『男性ファンの割合を3.25%までに上げるのが目標』だとしましたが、今は5~6%くらいになったと思います」

ユンホ、チャンミン二人ともまだ20代だが、彼らも時の流れは感じる。後輩の歌手たちが「東方神起の音楽を聴きながら、歌手を夢見た」「第2の東方神起になる」と語るとき「もうそんなに時間が過ぎたのか」と思うという。H.O.Tを見て自分たちが歌手を夢見たように。MBLAQのジオは、このような東方神起に「先輩らしい先輩の兄さんたちだと思う」と言ったりするという。

それでは東方神起が考える「本当に上手い後輩」は誰だろうか。「所属事務所(SMエンターテインメント)の後輩以外に答えて欲しい」との質問に、チャンミンはCNBLUEを、ユンホはFTISLANDとCNBLUE、IU(アイユー)を挙げた。「公演の経験が多いグループなので、ステージでのパフォーマンスが良い」というのが理由だ。ユンホはIUについて「その歳には出せない声だと思う。アーティストのようだ。実力の面では(同年代)最高だと思う」と賞賛した。

最後に東方神起に、後輩アイドルへの一言を頼んだ。ユンホは「最近は、皆が上手で、我々の刺激になるときもある。我々が思いつかなかったことが、爽やかさと共に出たりもする」と感心した。またユンホは「新人の時は、新人らしい必要があると思う」としながら「我々にも新人の頃があったが、何よりも重要なのは個性だ。実力はいつかは伸びるが、色はそうではない」とアドバイスした。

「最近は輝く原石がとても多いです。音楽の実力もとても高くなりました。その中で目立つためには、グループならではの色を探すのが重要です。自身ならではの色を確実に探せば、更にかっこいいアーティストになれると思います」(ユンホ)


(元記事→Kstyle




Vol.3 ― SNSを利用しない東方神起「言葉よりは行動で!」

2012年10月06日17時43分

12101513

「SNS、宣伝の機能はあるが…言葉よりは行動で!」

東方神起は、ミニホームページも、Twitterも、Facebookもしない。SNSで人々とコミュニケーションをとるスターが増えたが、東方神起だけは例外だ。スマート機器とは親しいはずの年齢である東方神起はなぜSNSをしないのだろうか。

「必要だと思ってはいます。しかし、東方神起のカラー自体がミニホームページやSNSとは似合わないと思います。また、文章には責任が伴います。私たちは少し率直なほうなので、1回話すと取り消すことができないから、コントロールが難しいと思います。実は、あえてたくさん話すよりは、行動でお見せしたいのもあります。ただ、ファンクラブ会員専用のサイトでは頻繁に姿を表そうとしています」(ユンホ)

チャンミンは「SNSをしていると、自分がリアルタイムでどこで何をしているか知らせるようになる。最初に始めなかった理由もそれだった」と打ち明けた。普段から十分にたくさんの関心を受けて、どこへ行っても写真が上がるので、あえて自分の一挙手一投足を知らせる必要なないだろうということだ。チャンミンは「人々に知らせずに、静かにやるほうだ」を話し笑った。

「SNSにも先例というのがあるじゃないですか。誰かが問題になる話をして、それが記事になることを見て感じました。失言は誰にでもあることですが、SNSにそれを掲載する瞬間、1対1を超えてあまりにも不特定多数が見ますから、受け止める側としては不愉快に思う場合もありますし。藪をつついて蛇を出したくないと思いました。自身の特性を表すことも一種の自己表現でしょうが、僕の場合は抑えるほうがいいと思います」(チャンミン)

ただ、ユンホは「カカオトークを最近1回だけやった」と打ち明けた。カカオトークとつながっているゲームAnipangをするためだった。ユンホは「妙に勝負欲が湧く。そのうちものすごい記録を打ち立てる」と自信を表した。


(元記事→Kstyle


こういうところが2人の賢いところだなーと思います。

ミーハーじゃないんですよね。

軽くない。

そしてすごく色々よく考えている。

東方神起のイメージがどういうもので、ファンが何を求めているか。

こういうの一つをとっても東方神起って完璧だな~と思います。

かっこいいです!!



東方神起「日本でのドームツアーなど“最初”の記録を立てたい」

掲載日時: 2012-10-07 12:30

12101506

数多くの新記録を立てている東方神起が、現状にとどまらずに更なる新記録への意欲を見せた。

第6集アルバム『Catch Me』で韓国音楽界に約1年8カ月ぶりにカムバックした東方神起は最近、韓国メディアとのインタビューの中で、「日本全国ツアーの規模をさらに大きくしてドームツアーにするなど、“最初”の記録を立てたいです」と語った。

「江南スタイル」で大きなブームをもたらしたPSY(サイ)にも触発されたという2人は、「これをきっかけにして皆で一緒に盛り上げていけば、良い記録を出せると思う。単発で終ってしまうものではなく、心を込めたアプローチをしたい」と語り、日本でのドームツアーや、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでの単独公演など、新たな目標の具体例を挙げた。

一方、来年デビュー10周年を迎え、これまでもすでに数々の記録を立ててきた中で新たな記録に挑戦することについて、「自分との戦いであり、自分自身の記録を塗り替えることが重要だと思います」とコメント。10周年に合わせて、ファン達と思い出を振り返るような場も設けたいと語った。


(元記事→Kpopstarz


来年はたぶんくるね・・・ドームツアー!!!





東方神起、2人で活動再開後に新メンバー加入の話があった

掲載日時: 2012-10-07 10:38

12101507

東方神起が2人組のグループとして活動を再開した当時、2人に加えて新たなメンバーを入れる案があったことが明らかになった。

6日放送のKBS2『Do Dream』には東方神起のユンホとチャンミン、SUPER JUNIORのウニョクとキュヒョンがゲスト出演した。

この中で東方神起は、2010年に5人組から2人組として活動を再開した当時、新しいメンバーを加えるという話はなかったのかと尋ねられた。これに、「なかったと言えばうそになる」と言い、新メンバー加入の話があったことを明らかにした。

東方神起は、2010年の「SMTOWN」ソウル公演で、2人での初舞台を披露した。このステージについて、ユンホは番組で「実験的なステージだった」と振り返った。同公演終了後、所属事務所のイ・スマン代表を含む周辺の人々が、「2人で行けそうだ」と話していたと言い、同公演で2人組で行くか、あるいは新メンバーを追加していくかが決まったということを示唆した。


(元記事→Kpopstarz




そうなんだね・・・・・。

やっぱり会社としてはなんとしてでも
東方神起というグループを消滅させたくなかっただろうから
あらゆる可能性、あらゆる手段を考えていたんだろうね。。。。。

新しいメンバーか・・・・・。

もし新しいメンバーが入ってたら私はまだ東方神起ファンだっただろうか?

ユノがいたからファン続けてたかな。。。?

全く想像がつかないな。。。

とにかく、2人でやってくれて本当に良かった!!!

2人の東方神起が最強で最高!!!



東方神起、ファンからの『Catch Me』にベストマッチしたプレゼント披露

掲載日時: 2012-10-07 11:18

12101508
12101509

東方神起が、ファンから贈られた第6集アルバム『Catch Me』にベストマッチしたプレゼントを披露した。

東方神起は6日、公式サイトにドーベルマンのぬいぐるみと一緒に写った写真を公開した。

このぬいぐるみは、『Catch Me』のティーザー写真で東方神起と共に登場するドーベルマンをモデルにしたもので、本物と思うほどにそっくり。東方神起の第6集アルバムの活動を応援するファンによるプロジェクトチーム「TVXQ 6th」から贈られたもので、同プロジェクトのロゴをかたどった赤色の吹き出しの中に「Catch Me!」と書かれている。

公式サイトでは、このぬいぐるみについて「東方神起の新しいファミリー“キャッチミー”を紹介します」と紹介。ユンホと、チャンミンがそれぞれぬいぐるみを抱く写真も公開し、2人が新しい“ファミリー“を大歓迎している様子を報告した。


(元記事→Kpopstarz


私最初にこの写真だけスマホで見たんだけど
てっきり本物の犬だと思ってたよwwwwww

犬連れてなんかの撮影やったんかなぁ?とか思ってたら

ぬいぐるみやったんやね。笑




少女時代テティソと東方神起が合体! 「Catch Me」の“ハルクの巨大な腕”再現

掲載日時: 2012-10-07 13:20

12101510

少女時代のテティソ(テヨン、ティファニー、ソヒョン)と東方神起のユンホとチャンミンが、東方神起の新曲「Catch Me」中で披露する“ハルクの巨大な腕”を再現した。

東方神起の公式サイトは7日、6日放送のMBC『ショー!音楽中心』の楽屋で、同番組でMCを務めるテヨン、ティファニー、ソヒョンの3人とユンホとチャンミンが、「Catch Me」の中の振り付けの一つ“ハルクの巨大な腕”を再現した写真を公開した。

写真では、テティソと東方神起のメンバーが交互に並ぶ形で、ハルク(巨人)の右腕を再現している。しかし、体勢に無理があるのか、どこか顔はゆがみ気味。特に左端のテヨンは、顔をしかめて嫌がっているようにも見える表情を見せている。

一方、東方神起は同日放送の『ショー!音楽中心』では、新アルバムから「Catch Me」と「I don't Know」の2曲を披露した。


(元記事→Kpopstarz




すごい量のニュースです~~~。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

でもニュースにたくさん取り上げられるのは嬉しいですね☆

特にインタビューで2人の考えや過去の出来事を知れるのは
とっても嬉しいです。

知れば知るほどどんどん好きになっていきますし(*´ω`*)

ほんとにこの2人は取材の受け答えも完璧ですね☆

隙がないわ。笑



ランキングに参加中♪
2人の愛と努力の結晶☆第6集を絶賛応援中!!
私も応援してるよ!って方はポチっとしてね~^^

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

みーこ says... "Re: まとめ記事ありがとう♪"
ayachiさんヽ(*´∀`*)ノ

ほんとに毎日忙しいですねwwwww
でも楽しいです♪

情報に全然ついていけてないので
時系列で整理したいのと
ユノとチャンミンのインタビューの内容はいつでも読み返せるように
記録しておこうと思ってニュース記事UPしてます☆

今回のアルバムをどんな気持ちで
どんな風に努力して作ったのかがわかって嬉しいです^^
ユノとチャンミンは本当に素敵ですね☆

2012.10.16 23:54 | URL | #- [edit]
ayachi says... "まとめ記事ありがとう♪"
みーこさんこんにちは♪
カムバ以来露出と情報が溢れてて、全く油断できない日々を送ってます♪
なんか毎日そわそわしてるし、そんな中こちらの記事で、改めてユノとチャミの言葉を落ち着いて読み返すことができました(*´∀`*)
ホント素敵な2人ですね。。。(//∇//)もう抜け出せそうにないです♡
2012.10.16 15:31 | URL | #GpEwlVdw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miikorintvxq.blog29.fc2.com/tb.php/632-c91c8d3c