みーこのお気に入りたち☆東方神起館☆

みーこのお気に入りたちの別館です☆ユノ大好き!東方神起を全力で応援しています♪

「野王」15話

なんかちょっとお久しぶりです~(*´ω`*)

野王ドフンの最期を観て廃人になってました。。。。。_ノ乙(、ン、)_

あとはちょっと時間がなくて・・・

ブログなかなか更新できなかったんだけど
野王レビューはドフンの最期まで頑張って続けたいと思います~☆


それでは15話のレビューです。





                                    




ダヘがハリュに跪いてるところにドフンがやってきたーーー!!!

きゃー!!!ドフンが部屋に入ってきちゃうー!!!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

って、ギリギリのところでヌナがドフンを呼び止め、ギリギリセーフ!!

なんやねんw一週間ハラハラさせやがって。笑

慌てて、でも何食わぬ顔をして部屋から出てきたハリュとダヘ。

ドフンは
「2人は部屋で一緒にいたの?」
と、ちょっと疑ってる様子。



ハリュがヌナと出て行き、後を追うように出ていこうとするダヘ。

「どこに行くんだ?」

「約束があって・・・ちょっと行ってくるわ。」

「誰に会うんだ?どこで?送っていこうか?」

珍しくドフンがしつこくダヘに詰め寄って・・・

あぁ・・・ドフンのダヘを見る表情が冷たくて怖い・・・

完全に疑ってるよね!!

もうアホドフンじゃないみたい。。。

やっと目が覚めたの!?トフナーーー!!!!

でもまだ半信半疑って感じ。

e15-04.jpg
e15-06.jpg


ドフンはアンシムおばさんに会いに来ました。

「ダヘがアメリカ留学中に送金してた人というのは・・・チャ弁護士ですか?」

「なぜチャ弁護士だと思うの?送金した人の名前を教えましょうか?」

「いや・・・いいです。」

e15-11.jpg
e15-14.jpg


ドフン、なんで誰か聞かへんねん!!

怖いのかな?真実を知ってしまうのが怖いのかな?



そして
送金した男が過去にいたからって何なんだ。過去は過去だ!
とか思ったのかな??


でもドフンが疑い始めていることにほくそ笑むおばさんとサンド師匠。。。

計画通りだね!!☆


ダヘオッパがハリュアボジを呼び出した!!

何何??何する気~!!???。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

アボジを料亭に連れていってお酒を勧めるオッパ。

心臓が悪いからお酒飲んだらダメなのに。。。

アボジ、こっそり飲んじゃったよ!!!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

案の定、体調が悪くなって倒れてしまったアボジ!!!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


ダヘがハリュに電話して、アボジに本当のことを話す。と脅します。

201303042231431710_1.jpg



「アボジに何かあったらお前を殺す!!」


と言って急いでアボジの元に向かいます。


アボジは倒れていて、病院に運ばれました。。。

でも命に別状はなかったみたいで。。。良かった。。。(ノω・、)


しかし糞ダヘ、ほんま糞やな!!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

何の罪もないアボジまで巻き込んで・・・糞!糞!糞!!。・゚・(ノД`)・゚・。




ハリュはダヘを呼び出し、車に乗せます。。。

そして、とある倉庫にダヘを連れてきました。

ハリュはアボジにされた仕打ちが許せなかったんだね。。。

だけどどこまでもふてぶてしい糞ダヘ。

「お前はハリュを殺した。」
と言うハリュに

「あんたが死ねば良かったのに。
そうすればあんたのヒョンとアボジは幸せに暮らせたのに。」


と言う糞ビッチなダヘ。


ハリュはダヘを殴ります。

するとダヘも負けずにハリュを殴り返します。


私、男性が女性を殴るのって絶対反対なんだけど
糞ダヘは殴られて当然だと思います。

てか、殺していいよ、この女www

もうここまで来たら男女の性別とか超えてる次元だよね。

人間として、この女は地球上から消し去るべきやわ~。




そしてダヘを倉庫に閉じ込め、鍵をかけてハリュはその場から立ち去ります。

1362436479490.jpg



ハリュはダヘの携帯でドフンにメールを送りました。

『ドフンさん助けて。』

倉庫の住所も送ったみたいです。

そのメールを見て慌てて倉庫に駆けつけるドフン。

e15-17.jpg
e15-19.jpg
e15-21.jpg


倉庫の鍵を石でぶっ壊して中に入りました!!

「ダヘヤ、何があったんだ!誰がやったんだ!」

「わからない・・」

「警察に連絡しよう!」

「だめよ、ペクハク財団の会長就任式があるのに・・・早く行きましょう」


誰がやったかわからないとか
警察に連絡しないでとか

怪しすぎるやろ~~~ww

ドフンもさすがにおかしいと思ったみたいで

「俺に何か隠してるんじゃないか?」

って聞くんだけど

「そんなこと無いわ。早く行きましょう。」

と誤魔化すダヘ。


e15-23.jpg
e15-27.jpg


会社に戻ってきてハリュの部屋で話をするダヘ。

そこにドフンが!!!

ダヘがジェウンヒョンの部屋にいたことを怪しむドフン。

「ダヘヤ、お前の全てを受け入れるから正直に話してくれ。
お前を倉庫に閉じ込めたのは誰なんだ?」


「だから知らないって言ったじゃない。」

「本当に信じていいのか・・・?」

「なんなの?あなたまで私を苦しめないでちょうだい。」


e15-37.jpg
e15-39.jpg
e15-40.jpg



ストーリーに関係ないけどこのドフンの服変すぎワロタwww

e15-47.jpg
e15-50.jpg


ダヘがハリュの部屋に忍び込んで隠しカメラを設置しましたよ!!!

悪いやっちゃな~~~。

するとそこにまたまたドフンが!!!

「ジェウンヒョンの部屋で何をしてるんだ??」

「ちょっと書類を取りに・・・」

「本当にそれだけか?」

e15-60.jpg
e15-62.jpg



「なんなの?私を疑ってるの?私のことを信じてよ。」

「ごめんよ・・・」

e15-66.jpg

ってダヘをハグするドフン!!!(´Д`;)

なんやねん・・・このパターンばっかりやな・・・(´Д`;)


どう考えてもダヘめっちゃ怪しいやん!!

怪しい人間に聞いてもほんまのことなんか言うかいな!!

ドフンたんはよ気付いてーーーーー!!!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。



ダヘは隠しカメラでハリュの部屋を盗み見してます。

この女ほんっま、やること成すこと最低最悪やな~~~(´Д`;)

吐き気するわ。


ハリュとサンド師匠の会話を盗み見しているダヘ。

サンドが何かを隠してきたと。。。

「これでダヘも終わりだな。」

と言ってる会話を聞き、ほくそ笑むダヘ。


すると、ハリュが急にカメラに向かって話し始めた!!

「ダヘヤ、聞いただろ?まさかカメラなんて仕掛けるなんてな・・・
あの倉庫にお前とウンビョルと3人で写った写真を隠してきた。
もうすぐ記者たちが倉庫に到着するだろう。
早く行って写真を取ってこないと。」


そしてカメラを踏み潰しました。


ハリュ、隠しカメラに気付いてたんだねーーー!!!
ハリュかっこいいーーー!!!ヽ(*´∀`*)ノ



慌てて車で倉庫に向かうダヘ。

写真をみつけて一安心。

でも帰ろうと思ったら車がないよ!!!笑


テッペが車を盗んで持っていっちゃったんですね~。

テッペグッジョブ!!!(σ・∀・)σ♪


急いで会社に戻らないとペクハク財団の理事長就任式に遅れちゃうよ~(ざまあw)


なんとか車を拾って会社に戻るダヘ。


ダヘはどこに行った?と会長が怒ってます。

ドフンも心配でそわそわ。

e15-71.jpg



ギリギリ式場に間に合ったダヘ!!!(しぶとい奴)



壇上で理事長就任の挨拶をしようとダヘが立ち上がると
会場のスタッフがダヘに録音機を渡しました。

「チャ弁護士が挨拶の前にこれを聴いてほしいと」

それを聴くと・・・

ダヘがハリュを脅迫している会話が録音されてたみたい。。。!

顔がこわばるダヘ。

その様子をドフンが怪訝そうに見てるよ。。。

e15-73.jpg
e15-76.jpg


壇上に上がり、挨拶文を読もうとするとそこにはハリュからのメッセージが!!


「さっきの録音をここでばらされたくなかったらこの文章を読み上げろ。
”私は理事長にふさわしくありません。理事長の座を辞退します”」


そしてその通り読み上げ、「申し訳ございません。」と言うダヘ。


驚く会長、ドフン、ヌナ!!!

ハリュを睨むダヘ。

ほくそ笑むハリュ。

20130305002403594.jpg



ってところで15話終了~。



いや~展開早くて面白いですね~。

そして今回はダヘざまあwwwww

なシーンがいっぱいあってスッキリ~☆

ドフンたんも段々ダヘに不信感を抱き始めたみたいだし。。。

まだちょっとダヘを信じたいって気持ちの方が勝ってるみたいだけど。。

早くダヘの真っ黒な正体に気付いてドフンたんーーーーー!!!




ランキングに参加中♪
いよいよ佳境に入ってきました!!
ドフンたん、真実を知っても気をしっかり持ってね!!
ドフン頑張れーーー!!の気持ちを込めてポチっとよろしくね^^


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miikorintvxq.blog29.fc2.com/tb.php/677-5a9317df