みーこのお気に入りたち☆東方神起館☆

みーこのお気に入りたちの別館です☆ユノ大好き!東方神起を全力で応援しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年連続「最も世界的に成長したグループ」第1位☆

東方神起、2013年上半期に最も世界的に成長したK-POPグループに

東方神起が、KpopStarzが行った人気投票「2013年上半期に最も世界的に成長したK-POPグループは?」で1位に選ばれた。東方神起は2012年上半期も同様のタイトルを獲得しており、2年連続。

米ニューヨークに本社を置くアメリカNo.1のK-POPニュースサイト、KpopStarzは、7月8日から7月14日(米東部時間)の1週間にわたって、2013年上半期の人気調査第1ステージ「2013年上半期に最も世界的に成長したK-POPグループは?」を実施。この結果、東方神起が全体票の36.95%を獲得して1位に輝いた。




一方、2位はJYJで34.43%を獲得。投票期間初期は1位をキープしていたが、僅差で東方神起に1位の座を明け渡す形となった。また、3位はf(x)で4.62%を獲得。投票期間初期から3位をキープし、安定した人気を見せた。

また、4位にはSUPER JUNIOR(4.02%)、5位にはB.A.P.(1.93%)、6位にはCNBLUE(1.71%)が続いた。さらに、7位に神話(SHINHWA)、8位にSISTAR、9位にU-KISS、10位にBIGBANGがランクインした。

東方神起は、昨年11月にソウルで約4年ぶりとなる韓国での単独公演を開催したのを皮切りに、グループ初となるワールドツアー「TVXQ! Live World Tour - Catch Me」をスタート。これまでに、香港(1月19日)、北京(3月30日)、マレーシア・クアラルンプール(5月18日)、アメリカ・ロサンゼルス(7月5日)、ペルー・サンティアゴ(7月7日)を巡って公演を開催しており、さらに今月20日には上海でも公演を開催する予定と、まさに2013年前半はこれまで以上に世界的な展開を見せたと言える。

また、日本では韓国人アーティスト初となる5大ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2013 〜TIME〜」(70万人動員)を完走。8月にはツアーの追加公演を、海外アーティスト初となる日産スタジアムで行い、総計85万人を動員する見込みで、限界の見えない根強い人気を見せている。

KpopStarzは今後、7月15日〜21日(米東部時間=日本時間7月15日13時〜7月22日13時)の1週間にわたり、2013年上半期の人気調査第2ステージ「2013年上半期のK-POP界を最も代表するアーティストは誰?」を実施する。第2ステージでは、第1ステージのエントリーグループ40組の各メンバーと13人のソロアーティストを追加した計230人のアーティストの中から、2013年上半期のK-POP界を最も代表するアーティストをファンが選ぶことになる。




東方神起、おめでとう~!!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

いやー、やっぱ1位っていいですね!!

この投票、私が知ったときには東方神起は2位で
1位のJYJにかなりの票差つけられてたから
厳しいな~と思ってたんですけど
あっという間に投票の呼びかけが拡散されて
気付いたら逆転してて

トンペンのパワーすごいな!!

と思いました^^


この手の投票結果にどれほどの意味があるのかは疑問ですけど

何事も1位ってのはいいですね!!(*´∇`*)


また新しくこんな投票始まってますので
またユノとチャンミンを1位&2位にしてあげたいですね☆

まあ私はユノペンなのでユノに投票しますよw

チャミペンさんも頑張ってください!

投票期間:7/15~7/21
2013年上半期のK-POP界を最も代表するアーティストは誰?


あれ?さっきまでチャンミン1位でユノが同率で2位だったのに
今みたらユチョンが1位になってる。。。。。笑


ま、必死になりすぎない程度に
楽しく投票に参加しましょう^^



ランキングに参加中♪
ユノが元気そうで良かった!!
ワールドツアーめっちゃ楽しそうで羨ましい~☆
同じ気持ちの方はポチっとよろしくです^^


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miikorintvxq.blog29.fc2.com/tb.php/709-15b63b81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。